2014年3月 6日

印刷tシャツを楽しもう

イベントでもっと目立ちたいと思ったらオリジナルのTシャツを作ってみてはどうでしょうか。オリジナルのTシャツは安価に作れる上に、目立つので人気のアイテムとなっています。Tシャツ以外にもポロシャツやスポーツウェアにもプリントできるので、イベントや使用頻度によって様々なアイテムを選ぶ事ができますよ

自宅で簡単に出来るキットもでています。オリジナル印刷はシルクスクリーン印刷が一般的ですが、プロにお願いしなくても、自宅で簡単にできます。ただ大量に必要な場合や、大きくプリントしたい。色にこだわりたいとなると自分で作るには限界があります。そんな場合はやはりショップにお願いするのが一番でしょう。ネットには多くのショップがありますし、注文の仕方や金額なんかで比較するのもいいですね。是非オリジナル印刷tシャツを試してみてください。http://boite-a-lunch.com/

2013年8月25日

働き方いろいろ

知人の看護師さんの話ですが、看護師の資格を持っている人は比較的多いそうです、ですが看護師は不足しています。病院、クリニックの数が多く、多くの看護師さんが必要なのもありますが、実際のところは看護師になったとしても数年勤めて辞めてしまう方が多いそうです。看護師の仕事が不満で別の仕事につきたいからとかではなく、実際のところは結婚や出産を機に退職する人が多いそうです。人によっては結婚までのお仕事とわりきって仕事をしている人もいるようですね。

実際看護師は大変なお仕事ですから、家事と育児を両立するのは大変なようです。ですので20代後半から子供の手の離れる40代前半くらいまでの働き盛りの中堅どころが少なくなってくるようです。もちろん家庭と両立している人もいらっしゃいますが、家族の理解は不可欠です。フルで働けない場合は夜勤のみや日勤のみ等、バイトやパートといった勤務形態で働く場合もあるようです。実のところ夜勤の看護師のバイトは高給となっており、病院や地域、資格によって大きくかわってはきますが、1回で3万~4万と言われています。通常勤務に比べれば勤務時間が短くても大きく稼げるとあって人気です。家事や育児という理由でなくても、学校や趣味等、自分のライフスタイルに合った働き方を見つける事ができます。子供の手が離れ復職したいけど、フルタイムは自信がない・・・そんな場合まずはアルバイトという働き方から徐々に慣れていくという方法もあります。

先に述べた夜勤専従ですと日数が少なく大きく稼げる事から通常の勤務より夜勤専従を選択する方もいるようです。アルバイトという形にこだわらなければ効率のよい稼ぎ方でもあります。自分が仕事に何を望むかで、仕事の探し方は大きく変わってきます。高給バイトを望むのであれば、夜勤手当が多い勤務形態を選択した方がいいでしょうし、福利厚生や休日を重視するのであれば、高給与とまではいかないかもしれません。どこで折り合いをつけるのかも重要になってきますね。看護師不足から看護師求人は数多くありますが、いろんな条件で求人を探していると、なんだか面倒になってきてしまいますよね。そんな場合に利用したいのが看護師専門の求人サイトです。無料登録で求人を紹介してくれるサイトですが、これがなかなかあなどれません。なぜかというと無料登録する事で専任のコンサルタントがつくためです。コンサルタントに、高給で休みはこれだけ欲しい、託児所はないと困る。。。等々、どんどん自分の希望条件をつたえましょう。専任のコンサルタントがより希望にあった求人を探してくれるはずですよ。

2012年4月19日

夜勤専従の求人をみつけるには!

看護師のお仕事はいろいろあります。正社員として日勤夜勤を交互に働いたり、アルバイトやパート、また単発、短期での働き方もあります。人によって都合がありますから、正社員として働けない方はアルバイトやパートをしたり、都合に合う求人を探すようです。正社員で働きたいけども、都合が合わないという方に特に人気になっているのが夜勤専従の看護師求人のようです。単発、短期のお仕事でも一般の仕事よりも給与はよく、時給2000円以上、日払いで15000円のお仕事もありますが、夜勤専従は更に給与がいいようです。それは夜勤は夜勤手当がつく為ですが、看護師の仕事内容は基本的に一緒なわけですから、より多い給与を貰いたいところですよね。夜勤は大変でつらいと思われがちですが、確かに最初は大変ではありますが、慣れると正社員で日勤夜勤を交代でするよりも、生活のリズムがつかみやすいとおっしゃる方もいるようです。しかも数日で高給与になりますから、自分の時間が多くなります。自身の学業、育児、介護といった時間を多くとる事ができます。短期集中でがんばる感じでしょうか。看護師不足は以前から言われていますが、入院患者がいる病院、施設では夜勤のできる看護師も非常に不足しています。夜勤は少人数で多くの患者さんを受け持たなくてはいけなくなりますから、ハードではあります。しかし必要不可欠の重要な勤務です。夜勤のできる看護師さんは重宝されますから、求人も多くなりますが、高給与との事もあり、非常に人気です。看護師専門の転職、求人サイトによっては、人気の求人は非公開求人にしてますから、一人で夜勤専従の看護師求人を探すとなると非常に困難です。最近では看護師専門の転職、求人サイトは多くなってきました。多くのサイトは無料で登録ができ、しかも専任のコンサルタントがつきますから、おすすめです。慢性的な人手不足の看護師、求人は多くありますが、自分にあった求人を探そうと思うと大変です。多くの求人から希望の求人を探すなら、転職、求人のプロのコンサルタントにお願いする事で、効率よく希望の求人を探す事ができます。看護師求人サイトは多くありますが、それぞれに特徴があります。首都圏に強いサイト、夜勤専従の求人が多いサイト、非公開求人が多いサイト・・・サイトを選ぶのも大変と思うかもしれませんが、ほとんどのサイトは無料登録ですし、複数登録する事も可能です。それぞれのサイトを比べてみてよりよい求人を探したいですね。

2012年4月10日

看護師国家試験に挑む!

社会問題の多様化で不況ながらも求人数が多いのが看護師の求人です。その看護師資格の取得に看護師国家試験の合格が必要となります(合格後、厚生労働大臣の免許を得て看護師となります)。看護師国家試験は厚生労働省の所管で行われています。年1回2月下旬頃に行われ、試験会場は全国主要都市で実施(2012年の第101回国試は北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県及び沖縄県で実施)されます。看護師試験の合格率は、毎年平均90%前後と比較的高めです。試験は1日で行われ、2月下旬に試験実施~3月下旬に合格発表という流れになります。試験の終了後、専門学校や企業系スクール等によって回答速報や解説が発表されます。試験科目は、第101回国試では、「人体の構造と機能、疾病の成り立ちと回復の促進、健康支援と社会保障制度、基礎看護学、成人看護学、老年看護学、小児看護学、母性看護学、精神看護学、在宅看護論及び看護の統合と実践」でした。受験資格要件は、高等学校を卒業してから文部科学大臣または厚生労働大臣が指定した看護師学校養成所、大学、短大等で3年以上の教育を受けていることが一般的に満たされる要件です。ところが最近、一度社会人になった人が会社等を退職し、看護師を目指すという方がとても増えています。その場合には、全国各地の看護学校で導入されている「社会人入試」を受験する方法があります。それぞれ各地で社会人入試枠が定められていますが、一般入試と異なり、学科試験が免除され面接と小論文という形式がほとんどです。社会人という定義そのものは各看護学校で異なります。社会人入試があるのか、ある場合には社会人とはどのような定義なのか、該当する方は先ず最寄の学校に確認されてみることをお勧めします。また受験手続には、入学願書(学校独自の形式)、高等学校卒業証明書、健康診断書等提出書類がいくつか必要となりますので、併せて確認を忘れないように心掛けておくとよいでしょう。条件を整えたところで!いよいよ国試に挑みます!国試の出題傾向は過去問題から推測しやすいとされています。また、時代を反映した内容にもなる傾向があるので、看護師がいかに社会福祉において自らの役割をどう果たすべきか捉えることを念頭におき、日頃から新聞やニュースを通じて意識しておくことも大切な準備と思っておいて下さい。出題傾向を分析し、過去問題を解いてリズムをつかむ!常に本番の受験をイメージしておくことが重要になるでしょう!

2012年4月 3日

看護師国家試験とは

高齢化社会に伴い、看護師の需要は年々高まってきており、看護師を目指す方も増えてきました。主婦、OLから看護師を目指す方も増えているものの、看護師不足はまだまだ続いており、需要は増すばかりです。外国人看護師の受け入れも始まり、外国人受験生も増えましたが外国人受験生の合格率はまだまだ低いようです。看護師は国家資格を有している為、不況の今でも就職、転職には有利と言われています。看護師国家試験とは看護師の免許を取得するための国家試験です。例年2月下旬の日曜日に試験が開催され、三月の下旬に合格発表が行われます。試験地は北海道、青森県、宮城県、東京都、愛知県、石川県、大阪府、広島県、香川県、福岡県、沖縄県の全国11ケ所で行われました。平成24年の第101回看護師国家試験は2月19日に実施され、3月26日に合格発表がありましたが、合格基準はどうなのか気になりますよね。看護師国家試験のボーダーラインは必須問題では80%を満たすことが条件となってきます。これは絶対評価となっていますので必須問題で8割超える事を一番に考え勉強をしなくてはいけません。次に一般問題と状況設定問題ですが、これは合格発表時に合格ラインの点数を公表する相対評価になっていますので、年度によってボーダーラインが変わります。ここ数年では一般問題と状況設定問題の合格基準は60%代後半~70%代前半となっており、第96回が72.1%以上だったのに対し、第98回では64.4%以上と下がっています。高得点を取るに越したことはありませんが、ボーダーラインとしては70%くらいであれば合格する可能性が高くなるといえそうです。今回の第101回で見れば64%ですので、やはり70%は目指したいところですね。試験に合格するには勉強あるのみですが、効率よく勉強するにはどうしたらいいでしょうか。基本的な勉強を一通り終えたら、過去問題集でひたすら過去問を解くというのもひとつの手です。過去問を解くことによって、必ず出るポイントもわかってきますし、実際問題にもなれてくる為、問題をみてすぐに回答に結びついてきます。また自分の弱点もわかってきますから、弱点を中心に理解を深めるというのもいいかもいれませんね。働きながら国家試験にチャレンジしている人もいるかと思います。看護師国家試験は合格率90%前後と高くはありますが、気を抜かず試験に挑み、憧れの看護師を目指しましょう。

2012年3月22日

憧れの看護師という仕事

子供の憧れの職業では常に上位をキープしている看護師。アンケートではお菓子屋、花屋、タレント、教員についで第5位に看護師が入っており、かなりの人気です。一方女の子の母親に子供につかせたい職業でアンケートをしたところ、堂々の1位となりました。2位が薬剤師、3位医者と医療関係の職業が占めており、これからの高齢化社会を見据えた結果となっています。非常に人気の看護師ですが、現実ではかなりの激務になります。結婚を機にやめられる人も多く、看護師は不足しています。しかし大変やりがいのある仕事ですので、結婚後も続けられる方や、子供の手が離れた頃に復職する方も多くいらしゃいます。看護師は年齢は関係なく、また病院が変わっても、仕事内容に大きな違いがないため、転職や復職がしやすく、求人も多くあります。不況で仕事がなくいつ解雇されるかわからない状態がある中で、仕事に困ることのない看護師は魅力的です。現に看護師への転職を考え、他業種から看護学校へ通い看護免許を取得する人も増えてきました。
最近では看護師専門の転職サイトも増えてきました。無料登録をすると専任のコンサルタントがつき、希望にあった求人を紹介してくれます。派遣のようですが、派遣会社と契約しお給料も派遣会社から支払われる派遣とは違い、病院の紹介後は病院と契約を結び、病院からお給料が支払われ正社員であれば雇用期限等はありません。正社員の他にも、バイトやパート、派遣等様々な働き方の求人がありますので、ライフスタイルにあった働き方が可能です。
また看護師といえば夜勤が必須となってきます。パートやアルバイトでは日勤等の働き方もありますが、正社員となると日勤の間に夜勤が数回入ってきます。シフトの調整がありますから必ず決まった曜日に夜勤というわけにはいかず、生活は不規則になりがちです。夜勤専従という働き方であれば、体が慣れれば苦ではなくなるようですが、どちらにしろ夜勤というのは体力的にも精神的にもつらいものです。日勤に比べ看護師数が少なく、受け持ちの患者数が増えますので、夜勤明けにはへとへとになります。しかし、夜勤には夜勤手当が基本給のほかに付くことになりますので、看護師は一般のOLの給料に比べ高額となります。先にも述べた夜勤専従となれば、働く時間は少なく、高給となる為、空いた時間はプライベートにあてることができます。学校や習い事がある人には非常に効率のよい働きかたになります。

2012年3月15日

救急病院は大変!?メリットとデメリット

看護師をされている方の多くは、そのやりがいに魅力を感じ

日々頑張っているのではないでしょうか。

確かに看護師のお仕事はやりがいもありますが

体力的・精神的にも本当に大変なお仕事です。

中でも特に大変なのが救急病院での勤務です。

現在、高齢化社会において看護師不足が叫ばれています。

働き盛りの30代、40代の看護師が不足している他に

特に救急を担当する看護師が不足している現状があります。

24時間対応や休日夜間を担当している病院、救急を受け付けている病院等

職場によっては非常に激務となります。

特に夜勤など、看護師の数が少ない場合でも、通常の業務をこなしつつ

救急を受け入れたりとなると本当に大変です。

ただその分、給与は高額だったり、手当がついたりと待遇が変わってきます。

給与の面のメリット以外にも、スキルが自然と身に付く為、

スキルアップを目指している方にとってのメリットは非常に高くなります。

看護師不足の中で、激務にはなってくるのですがしかしそれも病院によって様々です。

年間休日が120日を超える病院もありますし

高給で待遇もよく、お休みもしっかり取れる病院もあります。

しかし病院内部の様子はつとめてみない事にはわかりません。

知り合いが勤めている病院なら様子を聞く事もできますが

そうでないと面接で様子を聞き、一か八か勤めてみないとわからない

そんな事になる前に専任のコンサルタントに相談してみてはいかかでしょうか

コンサルタントは転職のプロですから、質問にはきちんと答えてくれますし

病院と実際にやり取りをしていますから、病院内部の様子もわかる範囲で答えてくれますので

より自分にあった求人を探す事ができます。

忙しくても高給料を目指したい方、正社員で働きたい方には救急病院はスキルアップにもなり

メリットが大きいです。休日や体制のしっかりしている救急病院であれば

考えている程の負担もなく、働くことが出来るのではないでしょうか。

現在、看護師の転職サイトは数多くあります。

夜勤に強いサイト、短期派遣に強いサイト、それぞれのサイトに特徴があり

どのサイトを選べばいいか迷うくらいです。こういったサイトは無料登録ですから

登録してどういった求人があるか、比較検討だけしてみてもいいかもしれませんね。

折角転職するのですから、現職よりよい職場に誰もが転職したいと考えています。

この機会に自分の希望をよく考えてみるのもいいかもしれませんね。